アイスコーヒーはキンキンに冷えていた

「剣士」について論文や本を書くなら、どのようなことを調べる?「竜巻」の由来や歴史なんかだろうか。それとも、自分独自の観点からの見解だろうか。
ページの先頭へ
トップページ >

控え目に体操する先生と花粉症

晩酌に、グラスビールを一人で飲むのが楽しみになっているけれど、最近はビールの後にワインも飲んでいる。
もちろん、翌日に誰かと会うような仕事がない時に限定されるけれど。
ひとり暮らしをしていた時に、住んでた部屋の近くでちょっといい感じの酒屋を発見して、父の日も近かったので買ったことがある。
私はかなり見栄っ張りなので「1万円の父の日用のワインを探しています」なんて言って。
家族に届けた、そのワインが一万円することを耐え切れずに言ってしまうと、父は気まずそうに「・・・うん、何かが違う」と言ってくれた。
その他の感想はなさそうだった。
以来、特にワインの値段にはこだわらなくなった。
あー幸せだと思えるアルコールだったら、お金や質にはこだわらない。

よく晴れた休日の昼は冷酒を
ちいさいころから、読書は嫌いじゃありませんでしたが、ただなんとなく、家や図書室にある本を読んでいました。
ちゃんと楽しんで読むようになったのは、高校時代。
国語で、吉本ばななさんのムーンライトシャドウを勉強してからです。
物語は、恋人を亡くした主役の、高校のときの思い出からの幕開けです。
恋人と死別してしまう経験なんてその当時もその後も、ありません。
だけど、当時の私に主人公の絶望重なりました。
今までにない気持ちでした。
主人公のさつきと、その時の私の年が近かった事、それもひとつの理由だと考えています。
学校帰りに、それを買って帰ったのが文庫本を買った一番最初です。
このストーリーは、「キッチン」に収録されている作品です。
随分昔のお話ですが、ずっと輝き続ける素敵な本だと思います。

雹が降った土曜の午前に足を伸ばして

盆でも生まれた家から外れて定住しているとほとんど認識することがないが、不十分ながら、供え物くらいはと思い家元へ届けた。
里に居たら、香を手にして祖霊のお迎えに行って、御盆のラストに送り出しに行くのだが、別れて住んでいるので、そう行うこともない。
周りの方は、線香を握りしめて墓におもむいている。
そのような場面が目に触れる。
常日頃より墓前の近くの道路には数多くの車が路駐されていて、お参りの人も非常に多く視認できる。

涼しい平日の朝にお菓子作り
店の中の客は、ほぼ買い物目的の日本人という状態だったので、その光景に驚いた。
店内の客は、だいたい日本からの観光客という状態だったので、その光景にびっくりした。
なんでも、韓国の美容液などは効果抜群なくらい成分が多く含まれているとか。
もちろん、コスメにも感動はあったけれどショップの店員さんの日本語にも感動した。
少しだけなのかもしれないが、日本語が充分に通じる。
私たちは、過去に勉強した韓国語を使うチャンスだと思い向かった韓国だけど、最後まで話すことはなかった。
必要に駆られれば、努力すれば外国語を話せるようになるという事を証明してくれたような旅行だった。

雨が降る週末の明け方は椅子に座る

向かいのご主人がこのごろ朝から釣りに行ったらしいが、夕方までやっても少ししかかからなかったらしい。
コッパが多くて、フカセ釣りが難しかったらしい。
けれども外道だがイノコの40cm近くが釣れたらしいから、いいなと思う。
昔、いただいてさばいて食したがとてもおいしかった。
そんなのがいいのがきてると知ってしまったら興奮して早く行きたくなるが、まだ行けないので今度だ。

よく晴れた月曜の早朝は焼酎を
北方さんの水滸伝の血が通っていて雄々しい登場人物が、オリジナル水滸伝の108星になぞらえて、目立った登場人物が108人でてくるが、敵方、権力側の人物も人間味あふれているのがいて、血が通っていると思える。
登場キャラクターに現実の人の様なもろさが見えるのもまた、はまっていた理由だ。
心が弱いなりに自分の夢とか将来の為に出来るだけ悪戦苦闘しているのが読んでいてひきつけられる。
読んでいておもしろい。
しかれども、心ひかれる登場人物が不幸な目にあったり、夢がやぶれていくストーリーも胸にひびくものがあるから魅了される大衆小説だ。

涼しい月曜の晩は食事を

実行させたら、満足させるまで時間がかかるものは、身の回りにたくさんある。
代表的なのが、外国語だと思っている。
と思っていたが、隣国で使用される韓国語は、例外で、私たちが話す日本語と同じく、SVOで、なんと日本語と同じ音が多いので、身に付きやすいらしい。
昔、韓国語を勉強した友人曰く、英語より割と身に付きやすいので良いと思うよ、とのこと。
なんとなく夢が膨らんだが、あのハングル文字は絵にしか思えない。

泣きながら踊る友人と観光地
このごろは、防波堤に釣りに出かけていない。
日々の業務でとっても過密スケジュール行けないというのもあるが、しかし、たいそう暑すぎるから、出かけづらいのもある。
加えて、会社終わりによく行く場所を眺めても釣れている気配が全然ないから、絶対に出かけたいとは寂しいが思えない。
すごくかなりあがっていたらすぐにでも行きたくなるだろうな。

息絶え絶えで跳ねる姉妹とわたし

太宰治の、「斜陽」は、休憩なしで読みやすいと思う。
戦争が終わるまでは旧華族の娘だったかず子が、誰にも負けない女性に豹変していく。
なかなかかっこいいとさえ思わずにいられなかった自分。
これだけの、誰にも恐れない気の強さと、強い意志が戦争が終わったこの頃は必要不可欠であったんだと思う。
それもそうだけど、上原の妻からするとうざいだろうとも思える。

曇っている休日の朝は焼酎を
午前中、時間にゆとりが持てたので、TSUTAYAへ出かけた。
新たにipodに入れる音楽を見つけるため。
最近、かなり楽しんだ曲が西野カナ。
いつも習慣になっているのが洋楽。
ヨーロッパのアーティストの作品もクールだと思う。
と思い、今回借りたのは、ボンボンフレンチだ。
甘いヴォイスとフランス語が似合うと思う。

サイト内コンテンツ

サイト内コンテンツ

Copyright (c) 2015 アイスコーヒーはキンキンに冷えていた All rights reserved.