アイスコーヒーはキンキンに冷えていた

インタビュー等で、「子供」のことについて聞かれたら、あなたはどんなことを返答する?「麦茶」って、人それぞれで考え方が千差万別なのかもね。
ページの先頭へ
トップページ >

のめり込んでダンスする姉妹と壊れた自動販売機

慢性冷え性になってからは、いくらかしんどいけれど、やはり寒い時期がいとおしい。
家の空気が乾燥しているからか、引き締まったような香り、そして電気カーペットの温かさ。
寒さの中の太陽って豪華な気になるし、レフを持って行った、早朝の海も素敵。
空気を撮りたかったら、一眼もいいけれど、トイで思う存分撮りまくる方が絶対空気感のあるSHOTが見つかる。

陽の見えない月曜の晩は立ちっぱなしで
2年前、体の調子が悪い上に、食生活と、眠りの質が良くなかったので、ニキビが多かった。
改善したいと思って、生活リズムを健康的にし、肌ケアにいい事をし続けようと周りの意見を聞いた。
根強く推進されたのが、アセロラドリンクだ。
今に至るまでしょっちゅう飲む。
あのレモンよりも肌に必要なビタミンCが多く含まれていると言う話だった。
体調と美は何と言っても果物から形成されるのかもしれない。

月が見える土曜の早朝は歩いてみる

少年はめちゃめちゃお腹が減っていた。
来週から夏休みという時期、小学校から元気よく帰宅している時だった。
蝉ももう大きな声で鳴いている。
日差しは強く、夕方にもかかわらず、まだ太陽は低くなかった。
少年は汗をたらして一人で歩いていた。
友達と一緒に帰ることも多いが、今日はあまりにもお腹が減っていたので、早いとこ帰ってとにかく何か食べたかった。
少年が食べたいのは、昨日の夕食のカレーの残り。
昨夜のカレーは、たしか鍋にいくらか残っていたはずだ。
ご飯だってたぶん、冷や飯が冷蔵庫に入ってたはず。
少年は期待をこめて、足早に家を目指した。
すると顔からは汗がもっと出てきた。

のめり込んで体操する母さんと花粉症
ずいぶん昔に見たことのある作品が、ビフォアーサンライズといって、日本語のタイトルは恋人までの距離だ。
親戚のお姉さんに、「絶対感動するから見てごらん」と聞いた作品だ。
列車で偶然出会ったアメリカ人の、イーサン・ホーク演じるジェシーと、フランス出身のセリーヌで、ほんの少しオーストリアのウィーンを歩き回るストーリー。
この映画の面白い所は、特にこれといった事態や盛り上がりなど、そんなに無いところ。
会ったばかりという2人の主人公は、愛することや生き方などに関して永遠と話し合う。
観賞した時14歳の私は、分からないことが多く、幼く、なんとなく見たシネマだった。
実は、先日、たまたまDVD屋さんで発見することができ、懐かしいなと思い借りてみたところ、超感動してしまったのだ。
中でも、レコード屋でKATH BLOOMのCOME HEREを聞きながら、無意識に見詰め合ってしまうところ。
2人の帰国の際、つまり、別れのシーン、エンドを迎える。
当時はわからなかったこの内容、時間をおいて観賞すると、すこしまたく違う見方になると思う。
それから、KATH BLOOMのアルバムを、itunesで発見し聞いてる最中。

雲が多い水曜の晩はビールを

一度も行ったことはないですが、日が暮れての動物園は、夜行性の動物がめちゃめちゃ盛んに動いていて見ていてたまらなく楽しいらしい。
気になってはいても、夜の動物園は入園したことがないけれど、子供がもう少しだけ怖がらないようになったら行ってみようと思う。
もう少しわかるようになったら、必ず、子供も喜々としてくれると思うから。
よく行く動物園と違う情緒を私も妻もドキドキしながら味わってみたい。

笑顔で自転車をこぐ兄さんと月夜
わたしは、アレルギー体質で、メイクはもちろん出来ないし、化粧水も限定されている。
どうしようもないので、果実やサプリメントの力に頼ることになるのだが、長らく摂取しているのが粉ゼラチンだ。
飲み物に溶かして、日々愛飲しているけれど、少し肌がつやつやになった。
さらに、飲むようになってから調子が良くなるまで即効性があったので、びっくりした。

陽の見えない木曜の夜明けにお菓子作り

今更ながら、任天堂DSにハマっている。
はじめは、DS英単語に英語漬けやターゲットのソフトを使っていただけであった。
だけど、電気屋さんでソフトを選んでいたら英語関係以外もついつい見てしまい、気に入るとすぐに買ってしまう。
トモダチコレクションやリズム天国、育成ゲームなど多数。
変わり種で、中国語講座も発売されている。
DSは、待ち合わせなどの、ちょっとの空き時間には活躍しそうだ。

熱中して吠える母さんと夕立
買い求めた生地で、幼稚園に行くわが子の入れ物を裁縫しなくてはいけない。
私の家内が縫うんだけれども、しかし、自分もしたくないわけではないので、忙しそうだったらかわろうと思う。
道具をしまうきんちゃく袋が園に行くために必須のようだ。
ミシンも遅ればせながら到着した。
使用感も感じてみようと思っている。

どしゃ降りの平日の早朝はこっそりと

石田衣良という小説家に出会ったのは、友達の愛ちゃんのマンションで。
「愛がいない部屋」というサブジェクトの小さなストーリーが納められた文庫本が本棚に置かれていたから。
生まれ故郷の青森の愛ちゃんのママが読破して、それを米やフルーツと共に宅急便で送ってくれたらしい。
その時はそこまで有名でなく、世に知れていなかった石田衣良。
彼女はふつう手記や流通、雑誌などは読む。
しかし、よくいうライトノベルは読む気がしないそうで、この本を私にくれた。
愛の母さんはどんなことを思いながら、この本を手に取ったのだろうか。

騒がしく歌う兄弟と公園の噴水
大物司会者が引退したから、TVでうんざりするほど報道しているが、とてもすごいなと思う。
今度の日本の総理がどなたに決まるかという話より報道でも順序が速かった。
どのような人が国の首相になろうが変化しないと思うのもとってもいるし、それより、大物司会者が芸能界をいきなり引退というほうが何かしら影響がでるということですかね。

サイト内コンテンツ

サイト内コンテンツ

Copyright (c) 2015 アイスコーヒーはキンキンに冷えていた All rights reserved.