アイスコーヒーはキンキンに冷えていた

アナタが感じている「インストラクター」と、一般的に想像する「牛丼」は、もしかしたら全然違うものかもしれない。そうやって思ってみると、なんだか不思議じゃない?
ページの先頭へ
トップページ >

そよ風の吹く土曜の昼は読書を

あまり、ドラマは視聴しないほうだけれど、最近、それでも、生きていくを見逃さずに視聴している。
加害者の親兄弟と被害者の家族が出会ってといった話で、ふつうに考えてありえないストーリーの流れだと思う。
被害者の両親と兄達と犯人側の家族のどちらの家族も悲しい話がえがかれている。
内容の内容はとても暗いのだけれど、しかしその分、映像はきれいな雰囲気につくられている。
花や緑や自然の映像がとても多く、牧歌的と表現していいのかきれいな映像がものすごく多い。
この後、ストーリーがどうなっていくのか想像がつかないけれど、少しでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

風の無い祝日の昼に立ちっぱなしで
子供とのコミュニケーションをとればとるほど、娘はすごくなついてくれる。
生まれてすぐは、会社の仕事がものすごく激職で、コミュニケーションをとることが少なかったため、たまたま顔をあわせても慣れてくれなかった。
実の父だけどと哀れな心もちだったが、会社の業務が大わらわだからと見限らずに、つねに、休みの日にお散歩に連れていくらようにした、抱きしめても、お風呂に入れても笑ってくれるようになった。
今では、朝、家を出る時、自分が居なくなることが悲しくて泣いてくれるのが嬉しい。

余裕で叫ぶあの人と冷たい肉まん

「嫌われ松の子一生」という題名の番組が放送されていましたが、見ていた方も多いと思います。
わたしは、TBSは見なかったのですが、女優の中谷美紀主演でシネマが公開されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量の悪さゆえでもありますが、不幸な環境にて生きながらも、悲観的にはなりません。
はたからみれば、幸せでないかもしれないけれど明るい未来を想像しています。
幸せをつかむことに関して、貪欲なんです。
すごく、魅力を感じました。
自分だって幸せになる権利はあるのに、そうなるといけない事のように感じる。
という、訳の分からない状態だった当時の私は、松子を見ていると、幸せな気分になりました。
それくらい、明るい映画なので、見ていただきたいです。
あと、中谷美紀は、教師を演じても、ソープ嬢を演じても、理容師でも、なんでもはまってました。

余裕で体操する彼女とわたし
ここ最近のネイルブースは、ジェルなど、かなり高度な技術が使用されているみたいだ。
ちょっぴり安くしてくれるインビテーションを貰ったので、行ってみた。
かなり、柄やデザインに対して、こだわってしまうので、デザインを伝えるのに時間を使った。
親指だけシンプルなネイルアートをしていただいて、かなり機嫌がよくなれた。

具合悪そうにダンスする子供と俺

昨日は、梅雨が明けて初めて雨になった。
ウキ釣りの約束をいとことしていたのだけれど、雷が鳴ってきたので、さすがに危なくて行けなかった。
あとで外を見たら、雨がやんだので、できれば行くということになったのだが、釣りに行ける準備をして、行ってみたけれど雨が降ってきた。
天気のよい休みにと言って釣りざおなどをなおした。
明々後日からは晴れみたいだ。
なので、次こそ行ってみよう。
またの機会に行ける日にと言って道具をなおした。
明日からは雨じゃないらしい。
その時は、次こそ行ってみよう。

雨が降る日曜の明け方に足を伸ばして
季節の中で、梅雨の時期がなんとなく好きだ。
空気は湿度が上がり外出すると濡れてしまうけれど。
その訳は、幼いころに、雨の日に見たあじさいがきれいで、それ以来この花を楽しみに待っている。
長崎で知り合った、シーボルトと瀧のあじさい逢瀬を耳にしたことがあるだろうか。
オランダ人に紛れて男の子医師のシーボルトが、アジサイを見ながら「お瀧さんのように綺麗な花だ」と言う。
梅雨に美しく咲く紫陽花を目にして何度も、お瀧さん、お瀧さんと口にした。
そのうち変化して、あじさいはおた草と別の名を持つようになったらしい。

具合悪そうに跳ねる友人と紅葉の山

太宰の人間失格を読破して、主人公の葉ちゃんの想いも理解できるな〜と感じた。
主役の葉ちゃんは人間なら少なからず持っている感情を、豊富に持ち合わせている。
そういった部分を、自分自身に隠さないで酒だったり異性だったりで解消する。
最後は、居酒屋のマスターが、「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と話す。
ここで初めて、主人公の葉ちゃんは要領がよくないんだと、いつも切なくなってしまう。

のめり込んで踊る妹と擦り切れたミサンガ
暑い季節はビールがたいそううまいけれど、近頃少ししか飲まなくなった。
20歳のころは、どれだけでも飲めたのに、年とともに翌日に残るようになって少ししか飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった当時は非常にあこがれ、行くのがとても楽しみだったけれど、仕事の関係で嫌になるほど行って、私の中では、今では、印象が悪い。
けれども、取引先との付き合いの関わりで非常に久々にビアガーデンに行った。
ものすごく久しぶりにうまかったのだけれども、調子にのってとってもアルコールを飲みすぎて、やはり、翌朝に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

自信を持って歌う兄さんと穴のあいた靴下

割と大きなスーパーで夕食の買い物をしていた。
冷凍食品コーナーで、ドリアを探していた。
すると、ハングルで記載されている商品を見つけた。
良く見て確認すると、韓国で良く見かけるトッポギだった。
先月釜山へ行ったときに、何度も韓国に旅している友達に教えてもらったのがトッポギだ。
海を越えた日本で冷凍食品として、韓国のトッポギが発売されてるなんて、純粋に驚いた。

勢いで大声を出すあなたと冷たい肉まん
一人旅でも仕事としてでも、韓国への渡航回数が多い。
一番は、港町プサン。
観光ももちろんだが、女の人だったら韓国コスメブランドやネイル用品など興味がある人も多いのではないだろうか。
韓国では見かけへのこだわり、つまり外見を磨くことへの勢いは素晴らしいといわれる。
就職や、お見合いの際に、日本よりも露骨に判断する傾向が多い。
そのことから、韓国美容グッズは、成分が日本の商品より、多く含まれている。
という事で、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが使用後は期待してしまう。

サイト内コンテンツ

サイト内コンテンツ

Copyright (c) 2015 アイスコーヒーはキンキンに冷えていた All rights reserved.