アイスコーヒーはキンキンに冷えていた

「美容師」は好きかな?嫌いかな?さまざまあるかもしれないけど、さほど悪くないよね、「恋」は。そんな気がしない?
ページの先頭へ
トップページ >

風の強い平日の深夜は目を閉じて

昔、二十歳の時に、仲良しの3人で韓国の釜山に買い物に行った。
初めての国外で、ホテルに短期の宿泊だった。
メインストリートをしばらく観光して、充実させていたけど、途中で道に迷ってしまった。
日本語はもちろん理解されないし、韓国語も全然通じない。
そしたら、韓国人のお兄さんが、完璧な日本語で戻る方法を教えてくれた。
少し前に大阪に来て日本語の勉強をしたらしい。
そのことから、また、素晴らしい旅を続けることが可能になった。
帰る日、バスで道を案内してくれたその人に偶然出くわした。
「またおいで」と言われたので、3人とも韓国が大好きになった。
いつも有給休暇は韓国への旅が恒例だ。

騒がしく踊る姉ちゃんと夕立
盆が近くなって、「とうろう」などの催し物が近くで遂行されている。
近郊のイベント会場では、竹や木で作成されたとうろうが並べられていた。
近郊のイベント会場では、暗くなってからは電気の照明は付けられてなくてなくて、灯篭の中のろうそくの照明だけというのは、ものすごく美しかった。
竹や木の中でろうそくが灯っており、温和な灯りになっていた。
温和な光が近くの木々を照らし出していてたいそう美しかった。

前のめりで叫ぶあいつとファミレス

仕事で必要な竹をきちんとちょうだいするようになり、願ったりかなったりなのだけれど、歩けないほど多い竹が面倒でどしどし運び出してほしい知人は、私が仕事で使いたい量以上に大きい竹を取って運ばせようとするので面倒だ。
多めに持って戻っても余ることになるのだが、竹が邪魔でしょうがないらしく、運んで帰ってくれとしきりに求められる。
私も必要なものをもらっているので、断りづらい。

一生懸命大声を出すあいつと僕
仕事のために何枚かスーツ用のYシャツを所持しているけれど、絶対買う時に何枚も着てみる。
これくらい、ワイシャツのかたちにこだわってしまうのも変わってるかと思っていた。
そんなときに、今日、ワイシャツはオーダーメイドしてもらうという方がいらっしゃったので、心外だった。
たしかに、シャツだけでカッコよく見えるので、いいかもと考えた。

のめり込んで走る子供と横殴りの雪

江國香織の本に出る主人公は、みんなアンニュイだ。
話に出せば、落下する夕方の華子。
他にも、がらくたの柊子。
それと、ウエハースの椅子の女性画家など。
江國香織の持っている性質を、文章にして表現した形なのかもしれない。
徹底的にクレイジーなのが、「神様のボート」で登場する葉子。
奇跡的に迎えに来るかもしれないあのひとのために、逗子や草加に引っ越しをする。
あのひとを忘れないで、必ず会えると確信して。
ついにはママは現実を生きていないと娘に言われてしまうが、葉子には全くピンとこない。
これが、この作品の一番クレイジーなところだ。
個人的には、ウエハースの椅子には簡単に座りたくないけれど、神様のボートには乗ってもいい。
江國香織さんの書く、クレイジーだけど魅力的でちょっと弱々しい登場人物が大大大好きだ。

気持ち良さそうにダンスするあいつと夕立
深夜、眠れないとなると、家にあるDVDを集中して見る。
この前選んだ映画は、「エスター」というタイトルの米国映画だった。
主人公の、エスターと言う子はしっかりしているけれど一風不思議な9歳の子供。
最後に想像もできない結末が待ち構えている。
これを見る経過で、終わり方が理解できる人がいるのか不思議なくらい意外な真実。
結果は、ビックリとするのではなく、とにかくゾクゾクとするような結末だった。
作品は、毎日の私の夜の時を満足させてくれる。
と言いつつも、常にお酒セットなので、体重が上昇するのが分かる。

ぽかぽかした金曜の午後は料理を

小学生の頃、父も母も、娘の私の人付き合いに対し大いに積極的であることを求めてきた。
一般的から離れてはダメだ、とか。
とっても暮らしにくい過去だったと思う。
授業時間が過ぎると、毎回偽りの生活を楽しそうに両親に告げる。
そうすれば、嬉しがるのだ。
少しでも外れると、変わり者。
常にこれだけ頭にあった学生時代の私と母親。
気の毒な過去だと今は感じる。

よく晴れた火曜の夜明けに散歩を
だいたいは、なるべくシンプルなファッションが好きな私は、もちろん驚かれるけれど。
コルセットや化粧品や時計まで勢ぞろいで、ラインで身につけたいと思えば節約生活になりそうだ。
それでも、jillは魅力的だ。

風の無い日曜の午前はシャワーを

花火大会の季節なのに、しかし、住んでいる位置が、観光地で土曜日に、花火が打ち上っている、すでに慣れてしまって、新鮮さもなくなった。
土曜日に、花火を打ちあげているので、文句も多いらしい。
自分の、家でも花火のドンという音がうるさすぎて子が怖がって泣いている。
夏の季節に数回ならいいが、暑い時期に、毎週、だらだらと大きな音が鳴り続けていては、いらいらする。
早く花火が上がらなくなればいいのにと思う。

ノリノリで口笛を吹く彼と読みかけの本
人々の70パーセントが水分という調査もあるので、水は人類の基盤です。
水の補給を欠かさず、皆が健康で楽しい夏を過ごしたいですね。
輝く光の中から蝉の声が耳に入るとこの時期、いつもは外出しないという方も外出したいと思うかもしれません。
すると、女性だと日焼け対策について敏感な方が多いかもしれません。
暑い時期のお肌のお手入れは夏が過ぎた時に出てくるという位なので、どうしても気にかけてしまう所かもしれません。
そして、誰でも気を使っているのが水分補給に関してです。
当然、普段から水分の過剰摂取は、あまり良くないものの、暑い時期は例外かもしれません。
と言うものの、たくさん汗を出して、知らず知らずの間に水分が抜けていくからです。
外に出るときの自分の具合も関わるでしょう。
ともすると、自身で気づかないうちに軽い脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
暑さ真っ只中の水分補給は、次の瞬間の体調に出るといっても言い過ぎにはならないかもしれないです。
少しだけ歩く時も、小さなもので充分なので、水筒があるととても便利です。
人々の70パーセントが水分という調査もあるので、水は人類の基盤です。
水の補給を欠かさず、皆が健康で楽しい夏を過ごしたいですね。

サイト内コンテンツ

サイト内コンテンツ

Copyright (c) 2015 アイスコーヒーはキンキンに冷えていた All rights reserved.